HOME > 福祉課 > 暮らしの情報:父子・母子及び寡婦の福祉案内

父子・母子及び寡婦の福祉案内

女性のための相談窓口/後期高齢者医療制度/長寿へのお祝い

児童扶養手当を受けるには

 児童扶養手当は18歳に達する日以後の最初の3月31目までの間にある児童がいる母子(父子)家庭に支給される手当です。

対 象下記のいずれかの状態にある児童を扶養している母・父または養育者に支給されます。
① 父母が離婚した後、父または母と生計を同じくしていない児童
② 父または母が死亡、または生死が明らかでない児童
③ 父または母が重度の障害(国民年金の障害等級1級程度)にある児童
④ 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
⑤ 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
⑥ 母が婚姻によらないで生まれた児童(認知された児童も含む)
⑦ 母が児童を懐胎したときの事情が不明である児童
支給制限支給要件に該当しても前年の所得が一定額以上あるとき、また公的年金を受けることができるときは、手当は支給されません。
支払月年3回 4月、8月、12月
手当額■児童1人のとき
[全部支給]41,430円  [一部支給]9,780~41,420円(所得に応じて支給額が変わります)
■ 加算
対象児童の2人目は月額5,000円加算、3人目以降は1人につき月額3,000円加算します。
現況届毎年8月に世帯の状況等を提出しなければなりません。現況届が提出されませんと、8月分以降の手当が支給されなくなります。
所得制限額前年所得(扶養義務者含む)が、一定以上ある場合はその年度(8月から翌年の7月まで)は、手当の全部、又は一部が支給停止されます。


お問い合せ先  小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

ひとり親家庭医療費の助成について

  ひとり親家庭の生活の安定と福祉の向上を目的に医療費(保険適用分)の2/3を助成するものです。

対象者
ひとり親家庭の父・母
その親が扶養する18歳に達する以後、最初の3月31日までの間にある子ども
(ただし、父・母については、児童が20歳になるまで)
※所得制限あり(児童扶養手当法に規定する所得の額以上の場合は助成されない。)

お問い合せ先  小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

女性のための相談窓口

 さまざまな悩みをもつ女性の相談相手となり、一緒に解決につとめます。幸せな家庭生活・社会生活ができるよう相談を受けたり、専門機関の紹介などのお手伝いをします。

  • ・家族・親戚・知人との不和などで悩んでいるとき。
  • ・夫とのことなどで悩んでいるとき。
  • ・結婚・離婚・男女関係で悩んでいるとき。
  • ・今までの生活をやり直したいとき。
  • ・仕事や経済的な間題で困っているとき。
■面接相談
相談を受けたいときは、相談員がよき相談相手となり、共に解決方法を考えます。


■電話相談
心の中にある悩みを、だれにも気がねなく、どこからでも相談できます。
費用は無料です。秘密は固く守ります。
場  所
阿蘇地域振興局福祉課
電話番号
TEL:0967-32-1030
相談日時
平日 午前9時から午後4時まで

※女性相談員が対応します。




お問い合せ先  小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

母子および寡婦福祉制度のあらまし

 母子及び寡婦福祉法による対策としては、母子家庭及び寡婦家庭の経済的自立助成のため、母子寡婦福祉資金の貸付け・母子相談員による生活指導、更に母子家庭及び寡婦家庭雇用に関する協力や県営住宅入居募集などの施策が行われています。
熊本県母子家庭等就業・自立支援センター(TEL 096-351-8777)では、ひとり親家庭の自立促進を図るため各種事業を実施しています。



■母子家庭とは
配偶者のない女子で20歳未満の子供のいる家庭をいいます。
又、「配偶者のない女子」とは、 配偶者と死別又は離別した女子で現在婚姻をしていない女子、又は配偶者の生死が不明の女子・配偶者から遺棄されている女子・配偶者が海外にあるため扶養を受けることができない女子・配偶者が精神又は 身体の障害によって長期間労働能力を失っている女子をいいます。


■寡婦家庭とは
配偶者のない女子で、かつて配偶者のない女子として児童(20歳未満)を扶養したことのある家庭をいいます。




お問い合せ先  小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

母子家庭や寡婦家庭のための資金を借りるには

  •  母子家庭や寡婦家庭の自立を図る制度として、法律「母子及び寡婦福祉法」に基づき資金を貸し付ける母子・寡婦福祉資金貸付制度があります。
  •  この資金は、事業を始めたり継続したりするための資金・児童の修学資金・就学支度金や就職支度金・住宅を補修したり増改築するための資金の貸付があります。
  •  なお、資金の種類によって貸付限度額が設けられています。
  •  (申請は、阿蘇地域振興局 福祉課です。)

お問い合せ先  小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

福祉課

交通アクセス交通アクセス
小国町について小国町について
小国町について小国町について

町長室町長室
広報おぐに広報おぐに
ふるさと寄付金ふるさと寄付金

よろず申請本舗よろず申請本舗
くまもとGPMapくまもとGPMap


ページの先頭へ